ヘアカラーや白髪染を使うと頭皮の腫れや痒みが生じるなど、初めて利用する時には不安があると感じている人は多いのではないでしょうか。プリオールカラーは肌に優しく人気の白髪染めなどと言われていますが、頭皮の腫れや痒みなどが起きないのか不安に感じる人も多いと言えましょう。

ちなみに、頭皮の腫れや痒みが起きる原因は、ヘアカラーや白髪染めに使われている成分が引き起こすアレルギー反応で、成分が自分に合わないとアレルギー反応が起きてしまうのです。

プリオールカラーは資生堂から発売が行われているカラーコンディショナーで、豊富なミネラル成分が含まれていること、そして3種類の天然エキスが配合されているなどの特徴を持ちます。3種類の天然エキスは褐藻・紅藻・緑藻、それぞれのエキスには特徴的な役割があります。

褐藻はワカメや昆布、ヒジキなどの褐色系の海藻から抽出されたもので、保湿および皮膚の再生作用を持つと言います。適度な湿気を与えてくれるので頭皮を乾燥から守る働きがあること、そして皮膚の再生作用は日中の紫外線などによりダメージを受けた頭皮を正常な状態に導いてくれます。

 

プリオールカラーコンディショナー毛髪をコーティングして、紫外線などのダメージから守る

紅藻はオゴノリ・トサカノリ・テングサなどの紅色系の海藻から抽出された成分で、紅藻は保湿力および抗酸力があると言われています。

これにより毛髪をコーティングして、紫外線などのダメージから守る働きがあるのです。緑藻は褐藻や紅藻などと同じ海藻エキスの一種で、緑藻の作用には美白や保湿、引き締めなどの効果を期待できる、これにより毛髪に艶を与えるなどの嬉しい成分がプリオールカラーコンディショナーに配合が行われています。

所で、頭皮の腫れが起きる、痒みが起きるのはアレルギー反応によるものですが、このアレルギーを引き起こす原因と言われているのはジアミンと呼ぶ酸化染毛剤と呼ぶ物質が関係しています。

ジアミンには色々な種類があるのですが、最もアレルギー反応が起こりやすいのはパラフェニレンジアミンです。プリオールカラーにはこの成分が使われていないため、頭皮の腫れが生じることや痒みが生じるリスクが少ないのです。

>>プリオールカラーコンディショナーの詳細